ここから本文です

“現代のリスト”と評されるピアニストのダニール・トリフォノフ、リストのエチュード集をリリース

CDジャーナル 10/11(火) 17:25配信

 ロシア・ピアニズムの正統を継ぎ、現代屈指のヴィルトゥオーソ・ピアニストへの道を着実に歩むダニール・トリフォノフ(Daniil Trifonov)のドイツ・グラモフォン(DG)レーベル第3弾『超絶! トリフォノフ・プレイズ・リスト』(UCCG-1750 3,500円 + 税)が10月12日(水)に発売。

 トリフォノフは1991年、ロシア生まれのピアニスト。2010年に第16回〈ショパン国際ピアノ・コンクール〉第3位、2011年に第13回〈ルービンシュタイン国際ピアノ・マスター・コンクール〉第1位ならびに第14回〈チャイコフスキー国際コンクール〉第1位 / グランプリを受賞しており、そのテクニックは若手トップとも評されます。録音では、2013年2月にドイツ・グラモフォンと専属録音契約を結びました。

 トリフォノフのDG第3弾となる本アルバムは、ピアノ・テクニックの限界を超える難曲中の難曲、リストのエチュード集。斬新さと洗練を極め、ピアノ演奏の技巧と表現の限界に挑戦したリストの練習曲集を、詩情豊かに、ダイナミックに弾ききった2枚組です。

最終更新:10/11(火) 17:25

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]