ここから本文です

Spotifyで非公式リミックスの正規ストリーミング配信が開始 DJミックス配信も間もなくか

bmr.jp 10/11(火) 23:40配信

Spotifyで非公式リミックスの正規ストリーミング配信が開始 DJミックス配信も間もなくか

Spotifyで非公式リミックスの正規ストリーミング配信が開始 DJミックス配信も間もなくか

日本でのサービス開始が正式に発表されたことも話題の定額制音楽ストリーミング・サービスのSpotifyが、非公式のリミックス音源のストリーミング配信を先週から開始したことが明らかになった。

米Billboard誌がニールセン・サウンドスキャンの数字を元に報じたところによると、昨年の上半期に比べて、今年2016年の上半期ではCDの米アルバム・セールスは11.6%ダウン(通算およそ5000万枚)、デジタル・ダウンロードでの米アルバム・セールスは18.4%ダウン(通算およそ4380万枚)と下落している一方で、YouTubeなどのビデオ再生回数も含むストリーミング再生回数は58.7%アップ。通算2089億というストリーミング再生数のうち、過半数の1136億が音声のみのストリーミング再生で、初めて映像ストリーミングの再生数を上回る結果となるなど、音楽ストリーミング・サービスは拡大していると見られている。

さらにApple Musicなどがアーティストやレーベルと契約して独占(先行)コンテンツを発表するといった戦略を展開、こうした状況を受けて、来年のグラミー賞から、ストリーミング配信のみの作品も候補対象になるように改訂されるというニュースも話題になったが、今度は、近年は主にsoundcloudなどで発表され、新たな才能の発掘のきっかけともなっている非公式リミックスが、SpotifyとApple Musicで正規に配信できるようになったことが分かった。

これは米メディア Tech Crunchが関係者筋の情報として報じたもので、Spotifyも事実だと認めている。今年3月にApple Musicと、今年5月にSpotifyと提携したDubset Media Holdingsは、非公式リミックスや、長尺のDJミックスの配信をストリーミング・サービスで可能とするよう動いていると報じられてきたが、これが実現へと進んでいることになる。Dubsetはデジタル配信のサービスを展開するディストリビューターだが、他社と違うのは、非公式リミックスを制作した場合に使用許諾などライセンス取得の代行を行い、正規に配信できるように音楽著作権マネジメントなども行っている点。これにより、先週からSpotifyで非公式リミックスの配信が開始になった。DubsetのCEOは、DJジャジー・ジェフによるアンダーソン・パーク楽曲のリミックス“Room In Here (Jazzy Jeff PLAYLIST Remix)”を投稿して、Spotifyでのスタートを祝している。Spotifyに先行してDubsetと手を組んだApple Musicではすでに非公式リミックスの配信を始めており、最大手のSpotifyとそれに追従するApple Musicという2大サービスで展開されることとなった。

長尺のDJミックス配信についてはまだ準備中のようで、Spotify側はTech Crunchに対し、時期は明かさないながらも実現に向けて動いており、非公式リミックスの配信はこの最初のステップなのだとか。米Billboard誌が今年8月に報じた際には、長尺のDJミックス配信は今秋にも実現するとされていた。

Dubsetは、音源からどの楽曲が使用されているかを分析する独自技術「MixBANK」を開発しており、これによって、権利関係が複雑・多岐にわたることになる非公式リミックスやDJミックスにおいても、関係のある全てのライツホルダーに適切に使用料を払うことができるシステムを実現。今年8月には、世界最大の音楽出版であるSony/ATV Publishingとも契約しており、Dubset側はこれで7割までカバーできるようになったとしている。

これまではsoundcloudやBandcamp、MixCloudなどのプラットフォームで発表されることがほとんどだった非公式リミックスやDJミックスだが、著作権者側に正規に使用料が支払われる形で配信できるとなれば、SpotifyやApple Musicでの配信が増えることになりそうだ。非公式で制作・発表されたリミックスは、そのクオリティ次第では、新たな才能の発掘のきっかけとなったり、アーティストやレーベルから直接連絡を受けて正式に発売されるというケースも少なくない。近年の例では、ジャネット・ジャクソンやティードラ・モーゼスなどのリミックスをsoundcloudで公開して注目を集めたことがブレイクのきっかけとなったケイトラナダや、マックスウェルのリミックス音源を制作して本人に気に入られて買い取られたり、ビヨンセのリミックス音源を制作して実際にビヨンセのツアー用の音源の制作や最新作『Lemonade』への参加につながったメロー・Xなどがいる。

最終更新:10/11(火) 23:40

bmr.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]