ここから本文です

「インフェルノ」プレミア、トム・ハンクスが日本の蕎麦屋で撮った写真の真相明かす

映画ナタリー 10/11(火) 5:00配信

「インフェルノ」のワールドプレミアが現地時間10月8日にイタリア・フィレンツェのオペラ・ディ・フィレンツェにて開催された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「インフェルノ」は、ダン・ブラウンの小説を原作とする「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」に続くサスペンス。主人公のロバート・ラングドンが人類の危機を救うため、詩人ダンテの叙事詩「神曲」の地獄(インフェルノ)篇に隠された秘密に挑む。

このワールドプレミアには、主演のトム・ハンクス、フェリシティ・ジョーンズ、オマール・シー、イルファン・カーン、シリーズすべての監督を務めるロン・ハワード、そして原作者のブラウンらが参加。レッドカーペットと記者会見でコメントした。

ハンクスは、「私が好きなのは、どこかのスタジオのカッコいい背幕やセットではなく、実際に“五百人広間”などのロケ場所にいて、壁にかかっている傑作を見ながら手がかりを見付けるということだ。そしてなんとダン・ブラウンは、実際にその傑作の中から謎を見付け出した。これまで誰も解くことができなかったミステリーがこの中にはある」とアピールする。

9月に来日した際、自身のTwitterに、東京の蕎麦屋で日本人客と一緒に撮った写真をアップし話題となったハンクス。その写真について「あれは金曜日の夜で、彼らは仕事で大変な1日だったんでしょう。3人はビジネスマンとタクシー運転手でした。彼らはお互い40年にわたる知り合いで、たぶん毎週金曜日にちょっとしたお酒とお蕎麦を楽しんでいるんだと思います。素晴らしいですよね。あの場所の名前をもし覚えていたらまた訪れたいです」と話した。

ジョーンズはそんなハンクスを「彼は素晴らしいわ。どんなに大きな映画に取り組んでいて、たくさんのプレッシャーがあったとしても、それをすぐに取り除いてしまう。みんなのことを気にかけ、最高のものを作り上げるという野望と決意があるのよ」と絶賛。ハワードは、ファンに向けて「映画館に行ってミステリーを経験し、トム・ハンクス、ロバート・ラングドンと一緒に旅に出てくれることを望んでいます。大きなスクリーンで、素晴らしい音響で観てください」とメッセージを寄せた。

「インフェルノ」は10月28日より全国ロードショー。

最終更新:10/11(火) 5:00

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]