ここから本文です

横浜で国慶日祝う式典 謝駐日代表、華僑の団結呼びかけ/台湾

中央社フォーカス台湾 10/11(火) 13:57配信

(横浜 11日 中央社)横浜中華学院(横浜市)で10日、中華民国(台湾)の建国記念日に相当する国慶日を祝う式典が開かれた。台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表(大使に相当)は、集まった華僑らに対し「支持政党や派閥を超え、お互いが団結すべきだ」と呼びかけた。

横浜華僑総会の羅鴻健会長は、「中華民国は自由民主主義の国家」「横浜の華僑は中華民国を愛している」と挨拶。謝代表は「駐日代表処と華僑は運命共同体」と語り、双方の強固な結びつきを示した。

また、謝代表は、蔡英文総統が日本との関係を重視していると強調。良好な友好関係を基礎に、台日の連帯感を強化し、次世代に継承したいと述べた。

一方、蔡総統の演説については、対岸(中国大陸)が、中華民国の存在を認めることを望むと発言。過去数十年にわたり両岸(台湾と中国大陸)は違う道を歩み、違う社会制度を築いたとした上で、互いに尊重、交流、学習し合うべきだと語った。

(楊明珠/編集:齊藤啓介)

最終更新:10/11(火) 13:57

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。