ここから本文です

<石原さとみ>「ar(アール)」11月号で表紙&インタビュー 「持つべきは変われる勇気とパワー」

毎日キレイ 10/11(火) 21:00配信

 女優の石原さとみさんが、12日発売の女性ファッション誌「ar(アール)」(主婦と生活社)11月号で表紙を飾る。中面のインタビューでは、石原さんは流行や役柄に合わせてメークやファッションをアップデートする秘訣(ひけつ)などを語っている。

【写真特集】「校閲ガール」の見どころは? キュートな石原さとみが

 インタビューで石原さんは、編集部から「さとみさんは会うたびに“新しいカワイイ&きれい”を同時更新してる。努力で変われる部分は大きいと思いますか?」と聞かれ、「人は変わりたければ、明日から全然変われるって思います。(中略)きれいになりたいって思った時は、具体的にどうなりたいかを自分の中で明確にして、それに近づくにはどうすればいいか研究するのが一番近道かな。持つべきは変われる勇気とパワー!」とメッセージを送っている。

 また「可愛さの更新方法は?」の問いには、「今の情報が一番だと思うので、雑誌はよく読みます。アンテナが上がっているセンスのいいヘアメークさんやスタイリストさんとライン交換して、気になるものをアップし合ったりしてます! 『これ可愛いね』『こういうの着たい』とか常に情報交換。うれしくてワクワクする時間。ありがたくアップデートしてますね」と石原さんが今、演じているドラマ「校閲ガール」での研究熱心さと、本人の信念が垣間見られる答えをしている。

 そのほか、同誌11月号では、リップを絡めてニットをご紹介。お互いを引き立て合うバランスをマスターして両方セットでゲットしたくなる企画や、“見初められる横顔”として彼を意識して可愛く、時に女っぽく、セクシーな横顔の角度攻めなど秋冬のビューティー企画を掲載している。

最終更新:10/11(火) 21:00

毎日キレイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]