ここから本文です

佐藤健が「何者」宣伝隊長へ任命証授与、学生たちの模擬面接に「緊張感あった」

映画ナタリー 10/11(火) 6:00配信

「何者」の学生限定試写会が10月8日に東京都内で行われ、主演の佐藤健が同作の特別宣伝隊長任命式に出席した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「何者」は、就職活動を通して自分が“何者”であるか模索する5人の大学生を描く物語。佐藤のほかに有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、さらに山田孝之が出演に名を連ねる。このイベントには登場人物と同年代の学生50名を招待。試写のあとには参加者の中から選ばれた5人が、本作の“特別宣伝隊長”を決める模擬面接に参加した。

面接官は、東宝のプロデューサーと映像配信サービスGYAO!の人事部員が担当。「映画の感想は?」「自分を○○系女子・男子に例えるなら?」といった質問が飛び、実際の面接さながらの空気の中、リクルートスーツに身を包んだ学生たちが緊張の面持ちで答えていく。

面接終了後、面接官の協議を経て特別宣伝隊長任命式に移ると、佐藤が学生たちの前に姿を現した。別室で面接の様子をモニタリングしていたという佐藤は「お疲れさまでした。すごく緊張感がありましたね。エントリーシートも見させていただいたのですが、皆さん本当にびっしり書いてくれていて。うれしいです、ありがとうございます」と感謝しきり。そして部屋を見渡しながら「面接のシーンは実際にこの部屋で撮影したんですよ。偶然ですね!」と懐かしむ。

特別宣伝隊長は、佐藤から発表されることに。見事選ばれたのは、早稲田大学文学部3年生の齊藤弘樹さん。齊藤さんは高校時代に「何者」の原作小説を読んだことがきっかけで、著者・朝井リョウの母校である早稲田大学を受験したと面接にてアピール。また自身を“エナジードリンク系男子”と表現して面接官の興味を引き、特別宣伝隊長の座を勝ち獲った。

佐藤は「キャンパス中にポスター貼って、友達にもアピールしまくってください」と声をかけ、齊藤さんに任命証を授与。最後に佐藤が「隊長は齊藤さんですが、皆さんも宣伝隊の一員です。僕も主演として公開日まで全力でがんばります」と会場の学生たちに呼びかけると、齊藤さんも「皆さんで『何者』を広めていきましょう!」と頼もしい声を響かせた。

「何者」は10月15日より全国でロードショー。



(c)2016 映画「何者」製作委員会

最終更新:10/11(火) 6:00

映画ナタリー

なぜ今? 首相主導の働き方改革