ここから本文です

DENONが本格的なサラウンドをコンパクトサイズで実現した5.1chパッケージシステムを発売

CDジャーナル 2016/10/11(火) 17:25配信

 DENONが、5つのサテライト・スピーカーにアクティブ・サブウーファーを組み合わせた5.1chサラウンド・スピーカーシステム「SYS-2020」(35,000円)を10月中旬に発売。

 本システムは、本格サラウンドをコンパクト・サイズで実現した5.1chパッケージ。8cmフルレンジ・ユニットを搭載した5つのサテライトスピーカーは、全チャンネル同一構成としており、つながりの良いサラウンドサウンドを実現するほか、一辺が約13cmというコンパクト・サイズなので設置場所を選ぶことなく、どこにでも置くことが可能。背面には壁掛け用フックが用意されており、壁面に取り付けたタッピングねじ(直径3.5~4mm)に引っ掛けて壁に掛けることもできます。重低音を支えるサブウーファーは、最大出力100W(PEAK)の大出力アンプを採用した16cmドライバー搭載のバスレフ型。ウーファーユニットとバスレフポートは底面に設置されているほか、電源の切り忘れを防ぐオートスタンバイモードなども採用。リーズナブルな価格ながらも本格的なサラウンド・サウンドを実現した5.1chスピーカーシステムとなっています。

最終更新:2016/10/11(火) 17:25

CDジャーナル

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!