ここから本文です

台湾、ストリートダンスでアジアの頂点に

中央社フォーカス台湾 10/11(火) 15:57配信

(クアラルンプール 11日 中央社)マレーシア・クアラルンプールで8日に開かれたストリートダンスの国際大会、「アジアンバトルグラウンド2016」で、台湾のチーム「フォルモサクルー」が初優勝を果たし、賞金3万リンギット(約75万円)を獲得した。

大会には台湾やホスト国のマレーシアに加え、日本、韓国、香港、タイ、ベトナム、シンガポール、フィリピン、インドネシア、インドの11カ国・地域から14チームが出場した。

結成10年のフォルモサクルーは1次ラウンドで14チーム中3位タイとなり、準決勝に進出。決勝戦では7人の審査員全員から高い評価を受けた。

リーダーの黄柏青さんは、「優勝を狙って大会に臨んだが、まさか本当にチャンピオンの栄冠を手にできるとは思っていなかった」と喜びを爆発させた。

(郭朝河/編集:杉野浩司)

最終更新:10/11(火) 15:57

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。