ここから本文です

ウッズ開幕戦出場取りやめ「ツアーでプレーするレベルになっていない」

東スポWeb 10/11(火) 11:22配信

【カリフォルニア州ナパ10日(日本時間11日)発】タイガー・ウッズ(40=米国)が14か月ぶりの復帰戦に予定していた米男子ツアーの2016~17年シーズン開幕戦「セーフウェー・オープン」(13~16日、シルバラードリゾート)の出場を取りやめたことが発表された。

 2週前の米国と欧州の団体対抗戦「ライダー・カップ」に副主将として参戦(プレーはせず)したウッズは、先週は母校のスタンフォード大で調整していたものの「まだ限定的な練習しかできないし、ツアーでプレーするレベルになっていない」として、今大会と来月3~6日の欧州ツアー「トルコ航空オープン」の出場を回避することを決意。12月2~4日にバハマで開催される、自身の基金が主催するツアー外競技「ヒーロー・ワールド・チャレンジ」での復帰を見込んでいるという。

 昨年8月の「ウィンダム選手権」を最後にトーナメントに出場していないウッズは、9月に「セーフウェー」参戦を表明。これを受けてフィル・ミケルソン(46=米国)が予選ラウンドを一緒に回ることを希望。開幕前日の12日に行われるプロアマではNBAウォリアーズに所属するスーパースター、ステファン・カリー(28=米国)と同組でプレーする超豪華ペアリングが予定されていたが、すべて幻に終わってしまった。

最終更新:10/11(火) 11:44

東スポWeb

なぜ今? 首相主導の働き方改革