ここから本文です

体内へマーカーを留置せず、高精度に腫瘍を追跡する技術を開発

MONOist 10/11(火) 8:55配信

 東芝は2016年9月26日、量子科学技術研究開発機構と共同で、重粒子線がん治療装置向けの腫瘍追跡技術を開発したと発表した。2017年度に同技術を搭載したシステムの実用化を目指すという。

【その他の画像】

 同技術は、体内に金属のマーカーを埋め込むことなく、肺がんなどの呼吸によって動く腫瘍の位置を特定できる。コンピュータによる学習機能を使った画像認識を利用し、誤差1mm程度の精度で腫瘍の位置を追跡できるという。

 具体的には、まず、治療前に撮影した4D-CT画像(3次元CTの動画)を基に、デジタル再構成シミュレーション画像(DRR画像)を作成する。その画像から、腫瘍のある/ない領域を分け、コンピュータにそれぞれの形態的特徴を学習させる。その後、3次元的な腫瘍の動きの軌跡から現在の位置を推定し、その周辺のX線画像から腫瘍らしさを計算することで、腫瘍の位置を高い精度で特定する。

 治療時は、2方向からX線透視をして腫瘍を追跡する。コンピュータは、学習で得た形態的特徴からどの領域が腫瘍かを判断し、計画した位置に腫瘍が来たタイミングで炭素イオンビームを照射する。肝臓がんなどの場合は、X線画像中の腫瘍を視認できないため、横隔膜などを手掛かりに腫瘍の位置を追跡する。

 従来、呼吸で動く腫瘍の治療には、体内へのマーカー留置が必要とされ、患者の負担が大きかった。同技術は、マーカーを使わずに腫瘍を捉えることができるため、患者の負担を低減できるとしている。

最終更新:10/11(火) 8:55

MONOist

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。