ここから本文です

ANAがXPRIZEとパートナー契約…イノベーション国際コンペに採用

レスポンス 10/11(火) 8:51配信

全日本空輸(ANA)は、グローバルな非営利財団、XPRIZE財団と日本企業として初めてパートナー契約を締結し、XPRIZEオフィシャルエアラインとなる。

XPRIZE財団は、世界中で「イノベーション界のカリスマ」と評され、2014年には米フォーチュン誌の「世界の偉大なリーダー50人」にも選出されたピーター・ディアマンデス氏が、1995年に創立したアメリカの非営利団体。

高額な賞金とテーマを設定して世界中のチームが競い合うコンペを展開し、「競争」を通して、人間が持つ想像力、アイディア、インスピレーションと最新技術が正しく組み合わされた全く新しいソリューションを早期、効率的に実現することを掲げる。

この発想とそれに伴う成果は各国から高い注目と評価を得ており、XPRIZE財団が拠点を置くアメリカ西海岸を中心に、多数の財界人や起業家などが財団を支援している。

ANAでは、XPRIZE財団のイノベーションとチャレンジに賛同し、パートナーシップ契約を締結した。今後、双方の顧客などへのアプローチを通じて、世界中のイノベーターのさらなるチャレンジをサポートし続けるとともに、ANA自らも変革を重ねていきたいとしている。

また、パートナーシップ契約締結に先立ちANAは、XPRIZEが主催する次期国際賞金レーステーマを決定するコンペ「VISIONEERS」にメンバーを派遣しており、コンペでANAチームが提案した「ANA AVATAR X PRIZE」が、次の国際賞金レーステーマとして採用されることが決定した。

「ANA AVATAR X PRIZE」は、時間、距離、文化、年齢、身体能力など様々な制限に関わらず「移動」できる技術を通し、例えば医師や教員が不足している地域や、人間が立ち入れない災害現場でのアバター活用を通じて社会的な課題解決への貢献を目指すもの。VR、ロボティクス、センサーなど、最先端テクノロジーを用いて、異なる複数の場所に、あたかも自分が存在し、物理的に物を動かしたり触ったりできるテクノロジーの実現を目指している。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:10/11(火) 8:51

レスポンス