ここから本文です

『閃乱カグラ PBS』半蔵学院のキャラ情報が公開、飛鳥・斑鳩・葛城などの水着姿をチェック

インサイド 10/11(火) 17:30配信

マーベラスは、PS4『閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH』の新情報を公開しました。

【関連画像】

『閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH』は、『閃乱カグラ』シリーズ最新作となる爆乳ウォーターバトルゲームです。本作は、シリーズに登場する少女たちがウォーターガンを手に取り戦いを繰り広げるという内容で、最大10人でのオンライン対戦やPlayStation VRに対応予定である点が特徴となっています。

今回は、本作に参戦するキャラクターのうち「半蔵学院」の6人について明らかになっています。

◆半蔵学院のキャラクター

■「飛鳥」CV:原田ひとみ
「そんなの決まってるよ。私は忍だから。」

国立半蔵学院の二年生。
仲間はもちろん出会ったすべての人を大切に思う、半蔵学院メンバーの中心的な存在。
「PBS」の目的は不明だが、きっとなにか理由があると信じ、ウォーターガンを手に取る。
大好きなみんなと水をかけあい、楽園を駆け巡る。

●誕生日:9月8日
●年齢:17歳
●血液型:A型
●身長:155cm
●スリーサイズ:B 90 W 57 H 85
●趣味:修行
●好きな食べ物:じっちゃんの太巻き

■「斑鳩」CV:今井 麻美
「みなさんと1つでも多く思い出を作りたい。わたくしはそう心を決めました。」

国立半蔵学院の三年生。
忍クラスの委員長で、人一倍責任感が強い。
島へ来るまえから悩みを抱えているようだが、誰にも打ち明けられないまま大会に参加する。
遠く離れた孤島でも「お兄様」からのメールは着信するらしい。

●誕生日:7月7日
●年齢:18歳
●血液型:A
●身長:168cm
●スリーサイズ:B 93 W 59 H 90
●趣味:読書
●好きな食べ物:懐石料理/日本茶

■「葛城」CV:小林 ゆう
「アタイのセクハラは、して欲しいって言われてするほど安いものじゃないんだ。」

国立半蔵学院の三年生。
誰かれかまわず女の子にセクハラを働くのが大好き。
ただのセクハラ大好きなお姉さんであることに間違いはないが、後輩たちには厳しさも持って接している。
水着の少女達を目の前に、目いっぱい楽しんでやろうと意気込んでいる。

●誕生日:11月5日
●年齢:18歳
●血液型:B型
●身長:165cm
●スリーサイズ:B 95 W 57 H 90
●趣味:セクハラ
●好きな食べ物:ラーメン

■「柳生」CV:水橋 かおり
「ひばりに近付く者には死あるのみ。当然のことだ。」

国立半蔵学院一年。
忍に対する非情さと覚悟を持った少女。
いつも冷静な目でまわりを見ているが、雲雀に対しては愛情が深すぎて落ち着きがない態度になってしまう。
忍として組織の命令に従い大会に参加する。

●誕生日:12月23日
●年齢:16歳
●血液型:O
●身長:158cm
●スリーサイズ:B 85 W 60 H 83
●趣味:寝る
●好きな食べ物:スルメ

■「雲雀」CV:井口 裕香
「……霧夜先生、どうしてそんな恰好をしているの?」

国立半蔵学院一年。
半蔵学院メンバーの妹的存在。
明るくノリの良いタイプで、仲間と共に一生懸命優勝を目指すが、欲しいものが多すぎて優勝したら何をもらうのか決められない。
「Mr.K」のテンションの高さに、若干引き気味である。

●誕生日:2月18日
●年齢:16歳
●血液型:B
●身長:160cm
●スリーサイズ:B 80 W 55 H 73
●趣味:テレビゲーム
●好きな食べ物:甘いお菓子全般

■「菖蒲」CV:笹本 菜津枝
「何が出るかな~! って、現れたのはあやめですぅ!」

国立半蔵学院の一年生。
とにかく前向きを信条としている、元気な少女。
選抜メンバー候補として大会に参加し、明るい人柄と持ち前のマイペースで自然と仲間の輪に溶け込んでいる。
卒業が近い葛城から後任エロ担当に指名され、後を継ぐために奮闘する。

●誕生日:5月8日
●年齢:16歳
●血液型:A
●身長:160cm
●スリーサイズ:B 82 W 57 H 75
●趣味:ランニング
●好きな食べ物:にゅうめん

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH』は2017年3月16日発売予定。価格は以下のようになります。

・超限定にゅうにゅう5周年パック:24,800円(税別)
・にゅうにゅうDXパック:9,980円(税別)
・通常版:6,980円(税別)

(C)2016 Marvelous Inc.

最終更新:10/11(火) 17:30

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]