ここから本文です

「メンタリスト」がリメイク 非常に珍しいロシアとウクライナの共同制作

シネマトゥデイ 10/11(火) 13:05配信

 米テレビドラマ「メンタリスト」が、ロシアとウクライナ向けにリメイクされると The Hollywood Reporter などが報じた。

 両国で事業を行っている制作会社スター・メディアが手掛け、16エピソードが製作される予定。国民性の違いを考慮し、多少の変更はされるという。「オリジナル版のファンを念頭に置いて製作しますが、なるべく広い視聴者層に向けた作品にする予定です」とプロデューサーのブラド・リャシンはコメント。同ドラマの特徴である“メンタル”な部分は、ロシア、ウクライナ人の物事の考え方や期待に沿ったものになるらしい。

 撮影はロシアとウクライナのオデッサで行われるそう。ロシアとウクライナはクリミア半島の帰属問題で関係が良いとは言えないため、共同制作は非常に珍しいという。現在でもウクライナでは放送禁止となっているロシアの映画やテレビシリーズがあるそうだ。(澤田理沙)

最終更新:10/11(火) 13:05

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]