ここから本文です

吉田麻也「もうケーヒルには得点させたくない」/日本代表

ISM 10/11(火) 8:25配信

 日本代表は11日、2018年W杯アジア最終予選でオーストラリアと対戦する。以下は、試合前日のDF吉田麻也(サウザンプトン/イングランド)のコメント。

●吉田麻也コメント

「寒さは気にならないです。オーストラリアはフィジカルが強く、このグループで一番難しい相手。タレントは以前よりも減ったかもしれないけど、ロングボールを多用していた形から、ボールをつなぐような形が増えたのかなと思います」

Q:逆に与しやすくなった?
「そうかもしれないですけど、ただ得点シーンなんかを見ても、セットプレーとかサイドからのクロスという形が多いので、そこの強さというのは健在かなと思います」

Q:CBとしてはやっぱり高さの方が気になる?
「そうですね。シャドーの位置や2列目からも速い選手が飛び出してくるし、中盤も試合を作る選手が多い。今までで一番むずかしい試合になるのは間違いないですね」

Q:ケーヒルについては?
「まあ、スタメンでは出てこないでしょうけど、残り15分ぐらいからは必ず出てくると思います。もう彼には得点させたくないですし、彼がいかに危険な選手かはみんな理解していると思うので。まずはいいクロスを上げさないこと、あとはボックス内での戦いも大事になってくるなと思います」

最終更新:10/11(火) 8:26

ISM

なぜ今? 首相主導の働き方改革