ここから本文です

慶州でM3.3の余震…被害はなし=韓国

WoW!Korea 10/11(火) 11:05配信

去る10日午後10時59分、韓国・慶北慶州市(キョンジュシ)南南西10キロの地点でマグニチュード(M)3.3の地震が発生した。韓国気象庁によると、9.12地震(M5.8)の余震で、高層マンションの窓が揺れる程度の衝撃だった。

 11日、慶北消防本部などによると、地震の衝撃波が浦項(ポハン)と大邱(テグ)にまで達したが、建物破損などの被害は報告されていないと明らかにした。地震が発生するとすぐに慶州市は災難安全メールを発送し、2次被害予防に万全を期することを促した。

 慶州市災難安全課の関係者は「地震は市民が寝ている時間に発生し、多くの市民は感じなかったようだ」とし、「各部署に被害状況を確認するよう指示した」と説明した。

 11日午前7時現在、計471回の地震が発生。規模別にはM1.5~2.9が452回、3.0~3.9が17回、4.0~4.9が2回だ。

最終更新:10/11(火) 11:05

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。