ここから本文です

18歳・阿久津シンクロ代表入り確実 期待の171センチも「まずは体づくり」

デイリースポーツ 10/11(火) 6:04配信

 シンクロナイズドスイミングのアジア選手権(11月・東京)、来夏の世界選手権(ブダペスト)に臨む日本代表の選考会が10日、都内で行われた。15人が参加し、1位となったリオ五輪主将の乾友紀子(井村シンクロク)らが代表入りを確実にした。18歳の阿久津咲子(東京シンクロク)は6位となり、初めて代表入りする見通し。

 リオ代表3人が引退し、大型選手が少ない中で171センチの18歳に懸かる期待は大きい。阿久津は「まずは体づくりをして、お姉さんたちに置いていかれないようにしたい」と気を引き締めた。

最終更新:10/11(火) 8:22

デイリースポーツ

なぜ今? 首相主導の働き方改革