ここから本文です

【蹴拳】タイから8勝8KOの逆輸入ファイター来襲

イーファイト 2016/10/11(火) 21:03配信

 10月16日(日)東京・ディファ有明で開催される『蹴拳 32』の全対戦カードが決定した。

【フォト】メインは国崇vs野呂の団体トップ対決

 セミファイナルには、シュンタ・チョールンロット(チョールンロット)が初参戦し、デンサイアム・ルークプラバーツ(タイ/ウィラサクレックジム)と対戦する。

 シュンタはタイからの逆輸入ファイターで、タイ・サムイスタジアムでマレーシアの2冠王をKO。ムエタイの聖地ラジャダムナンスタジアムにも上がり、カンボジア人、中国人、タイ人と試合をやってきた国際派で、ここ最近の戦績は10戦8勝2敗。8勝は全てKO勝ちだという。

 対するデンサイアムは元ルンピニースタジアム認定バンタム級&元WMC同級王者で、これまで大和哲也、町田光など国内トップクラスを破ってきた古豪ムエタイ戦士。歴戦の強者を相手に、逆輸入ファイターがどんな戦いを見せるのか注目だ。

 なお、メインイベントはすでに発表されているISKAムエタイ世界フェザー級王者・国崇(拳之会)vs初代MuayThaiOpenスーパーバンタム級王者・野呂裕貴(エスジム)の、NJKFと蹴拳の団体トップ対決に決まった。

最終更新:2016/10/11(火) 21:03

イーファイト

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!