ここから本文です

仏、ポグバのロングシュートで勝利 蘭はホームで予選16年ぶり黒星/W杯欧州予選

ISM 10/11(火) 11:52配信

 2018年W杯欧州予選は現地時間10日に第3節が各地で行なわれ、グループAではフランスがオランダに敵地で1対0と勝利した。

 負傷でスナイデルやロッベンを欠くオランダは、7日のベラルーシ戦で2得点を挙げたプロメスが16分に負傷交代を余儀なくされる。するとフランスは30分、ポグバが30メートルの距離から強烈なシュートを叩き込んで先制点を挙げる。

 フランスはその後ガメイロやポグバが追加点のチャンスを迎えたが、GKステケレンブルクに阻まれる。対するオランダも89分にデパイが決定機を迎えたものの、ここはGKロリスのファインセーブに遭う。試合はそのまま1対0で終了し、フランスが逃げ切って勝利を収めた。

 フランスのデシャン監督は試合後、「今夜のポールは決定的だった」「得点だけでなく、中盤でのボール奪取や、配給の仕方もね」とポグバを称賛している。

 ホームでのW杯予選で16年ぶりの黒星を喫したオランダ。ブリント監督は「我々はドローに値した」とコメント。そのうえで、「10試合のうち3試合を終えただけだ」「フランスとは勝ち点3差でしかない。だからまだ終わっていないんだ」と、首位での予選通過を諦めないと述べた。

 同グループのそのほかの試合では、スウェーデンがトイヴォネン、ヒリエマルク、リンデロフのゴールでブルガリアに3対0と勝利。ベラルーシ対ルクセンブルクの一戦は、1対1のドローに終わった。

 この結果、グループAは勝ち点7でフランスとスウェーデンが並び、勝ち点4のオランダが追う展開に。以下、勝ち点3のブルガリア、同2のベラルーシ、同1のルクセンブルクと続いている。(STATS-AP)

最終更新:10/11(火) 11:52

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]