ここから本文です

内田理央「仮面ライダードライブ」Vシネ“授乳”裏話に大照れ!パットを詰めて…

シネマトゥデイ 10/11(火) 17:20配信

 特撮ドラマ「仮面ライダードライブ」のVシネマシリーズ第2弾「ドライブサーガ 仮面ライダーマッハ/仮面ライダーハート」完成披露舞台あいさつが9日に都内で行われ、本編でヒロインを演じた内田理央が弟役の稲葉友から劇中に“授乳シーン”があることを暴露され、その裏側を解説するうちに恥ずかしくなり、うずくまってしまう一幕があった。舞台あいさつには蕨野友也、竹内涼真、吉井怜、井俣太良、馬場ふみか、はねゆりも登壇した。

【写真】内田理央、顔まっか!

 主人公の泊進ノ介/仮面ライダードライブ(竹内)と共に戦った詩島剛/仮面ライダーマッハ(稲葉)が主役の「仮面ライダーマッハ」と、ドライブの宿敵・機械生命体ロイミュードの指導者・ハート(蕨野)がまさかの仮面ライダーとして復活する「仮面ライダーハート」の完成を記念して行われた本イベント。チケットは完売となるなど、「ドライブ」人気はいまだ健在だ。

 イベントでは、登壇予定のなかった竹内と内田がいきなりステージに登場し、観客は騒然。竹内が「皆さま、お久しぶりです。一応、サプライズです」とあいさつすると、会場は大歓声に包まれた。稲葉が「俺らが出た時より歓声が大きかったなと思ったらサプライズなんだね」と続け、久々のメインキャスト集合にファンは大盛り上がり。

 本作で主役を務めた稲葉は、「(Vシネマシリーズ第1弾)『チェイサー』で終わってもおかしくないというか、毎回やりきったという思いがあったので、またやれるのはうれしいけど、正直『マッハ』(のスピンオフ)はあるなとちょっと期待していました。ただ、仮面ライダーハートって何だ? と気になっていました」とコメント。「(それは)俺が一番思っている」という蕨野は、「(本編で)壮絶な最期を遂げたはずなのに、続きをどうするのと思って。でもご覧いただいた通り、すばらしい脚本を書いていただきました」と満足げな表情を見せた。

 「仮面ライダーマッハ」では、姉・霧子(内田)と進ノ介の間に子どもが誕生、剛との関係性にも若干の変化があったのではないだろうか、という声に稲葉は「“進兄さん”となついていたのが本当になった喜びはあったと思うけど、(時系列的に)もう既になじんでないといけない頃だったので……姉ちゃんに子どもがいて、ということにはじんわり感動していました」と感慨深げに語った。続けて「貴重な授乳シーンもあって……」と霧子のシーンに言及。

1/2ページ

最終更新:10/11(火) 17:20

シネマトゥデイ