ここから本文です

【K-1】”新生”武尊がギラギラモード、気になる小澤海斗に「アイツしつこい」

イーファイト 10/11(火) 22:20配信

 11月3日(木・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館にて開催の『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~初代フェザー級王座決定トーナメント~』に出場する、前K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者・武尊(KREST)が、11日(火)都内で公開練習を行った。

【フォト】飛びヒザ蹴りを繰り出す武尊

 これまでスーパー・バンタム級(-55kg)で戦ってきた武尊だが、8月に発表された新階級設立に合わせて、同級王座を返上。新設のフェザー級(-57.5kg)王座決定トーナメント出場を決めた。

 スーパー・バンタム級の時には、食事制限による減量の影響で、100%のパフォーマンスを発揮出来ていないと感じることがあったという武尊。現状については「食事もバランスよく摂れているので、今までより練習内容も濃いものが出来るようになっています」と減量苦から解放された手応えを口にする。
 
 また、6月の試合以降、疎かになっていたというフィジカル強化にも重点的に取り組み、「パワー、スピード、スタミナ。すべてにおいてレベルが上がっています」と自信を見せた。

 そんな”新生”武尊は、この日の公開練習で2分1Rのシャドーボクシングとミット打ちを披露。切れのあるワンツー、フック、ミドルキック、飛びヒザ蹴りをテンポよく繰り出し、トレーニングの成果をうかがわせた。

 トーナメント1回戦で対戦するジェームス・ウィーラン(イギリス)はプロ27戦26勝1敗の相手。武尊は「僕の中では今回出場する外国人選手の中で1、2を争うレベルです。試合の映像を見ましたがタフそうですね」とその実力を評価。それでも、「KO負けをしたことがないようなので、逆に思いっきりKOしたいなという気持ちが強くなりました」とニヤリ。

 さらに、警戒している選手として武尊が名前を挙げたのが、ユン・チー(中国)とエリアス・マムーディ(フランス)の外国人2選手。チーは6月大会でK-1初参戦ながら第3代RISEスーパーフェザー級王者・小宮山工介を破った実力を持つ。また、マムーディはプロ15戦15勝(10KO)と無敗の戦績を誇っている。いずれの相手にも「実績のある相手に勝つのは美味しい」と闘志を燃やす。

 しかし、ここで気になるのは武尊に対して徹底的な挑発を続ける小澤海斗の存在。今回のトーナメントに出場するが、組み合わせ上、両選手は決勝まで進まないと対戦することはない。

 小澤の名前を報道陣から挙げられると、武尊は「ちょっとアイツしつこいんで」と苦笑い。「そんなに言うんだったら、ちゃんと決勝まで上がって来いよって言いたいですね。まあ、来たら秒殺するだけなので。2度と武尊の名前を口に出せないくらいに圧倒してやります」と返り討ちを予告した。

 今回、所属ジムがチームドラゴンからKRESTに移って迎える第1戦目となるが、「場所が変わっただけで、練習内容はほとんど変わっていないですね。新しい所属になって初めての試合になるので、絶対勝ちたいという気持ちが今までよりも強いですね」と気持ちも新たにした様子。

 試合に向けて、「今回は挑戦者という気持ちしかないです。ベルトを守らなきゃという余計な意識がなくなり、ただ獲りに行くだけという気持ちなので。今までで一番ハングリーになっていますし、初めてベルトを獲りに行った時のようなギラギラした気持ちが燃え上がってきてます」と、飢えた武尊をアピールした。

最終更新:10/11(火) 22:21

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]