ここから本文です

S・ラモスが約6週間の離脱へ アトレティコ戦への出場可否は不明

ISM 10/11(火) 11:55配信

 レアル・マドリー(スペイン)は現地時間10日(以下現地時間)、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが左ひざのじん帯を挫傷したことを発表した。6週間の離脱が見込まれている。

 S・ラモスは9日のW杯欧州予選アルバニア戦で負傷。80分に途中交代を余儀なくされていた。

 レアルは検査の結果を発表し、離脱期間などについては「経過を観察していく」と述べるにとどめた。しかし、通常は、回復までに1カ月半を要するケガとのこと。

 これにより、S・ラモスはリーガ・エスパニョーラの4試合とチャンピオンズリーグの2試合を欠場するとみられている。11月20日にはリーガでアトレティコ・マドリーとのダービーマッチを控えているが、この試合への出場可否は不明。(STATS-AP)

最終更新:10/11(火) 11:56

ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合