ここから本文です

池田勇太 激闘9ホール目決着V 史上初の月曜日持ち越しプレーオフ制す

デイリースポーツ 10/11(火) 6:04配信

 「男子ゴルフ・ツアーワールドカップ・最終日」(10日、石岡GC=パー71)

 日没のため順延されたプレーオフが5ホール目から再開され、通算9ホール目にバーディーを奪った池田勇太(30)=日清食品=が宋永漢(25)=韓国=に競り勝った。今季2勝目、ツアー通算15勝目。ゴルフ場が一般営業のため、無観客という異例の状況の中、月曜日に持ち越された史上初のプレーオフ決戦を制した。

 観衆はゼロ。隣接するホールからは「ファーッ!!」という一般客の声がしきりに飛んだ。異例の無観客プレーオフ決戦はツアー史に残る激闘だった。

 午前7時30分に5ホール目から再開し、決着したのは9ホール目。池田は2メートルのバーディーパットを沈めると喜びを爆発させた。「神様が『おまえはどこまで我慢できるんだ』と試練を与えてくれたと思った。どっちが勝ってもおかしくなかった」と息をついた。

 9月のANAオープン、前週のトップ杯東海クラシックは最終日の最終ホールでボギーをたたいて2位に終わったが、その鬱憤(うっぷん)を晴らした。8月末には過去14勝のすべてでバッグを担いでくれた福田央キャディーとのコンビを解消。「新しい自分を見つけたい。ぼくの気持ちで卒業してもらった」。もっと強くなるために-。その一心で新たな道へ歩み出した。

 今季の獲得賞金は1億円を超え、賞金ランクは2位に浮上した。「いい起爆剤。賞金王に向けて、一試合一試合をしっかり戦っていく」。念願のタイトルへ意欲を示した。

最終更新:10/11(火) 8:18

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。