ここから本文です

【WEC 第7戦富士】フォード GT 新型のレーサー、日本初公開へ

レスポンス 10/11(火) 12:15配信

米国の自動車大手、フォードモーターは10月10日、富士スピードウェイで10月14~16日に行われる「FIA WEC(世界耐久選手権)第7戦 富士6時間耐久レース」において、新型フォード『GT』のレーシングカーを日本初公開すると発表した。

画像:フォードGT 新型のレーシングカー

新型フォードGTは2015年1月、デトロイトモーターショー15で初公開。2006年の生産終了以来、9年ぶりに復活を遂げた。時代の要請に応え、新型は環境性能に配慮したスーパーカーとして登場。

ミッドシップには、3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジンを、2個のターボで過給した新開発の「エコブースト」ユニットが収まる。最大出力は、600hp以上。トランスミッションは7速デュアルクラッチで、トランスアクスルレイアウトを採用した。

フォードモーターは2016年、この新型フォードGTを擁し、ルマン24時間耐久レースを含むWECをはじめ、世界のモータースポーツへ参戦開始。1966年のルマンでの勝利から、50周年のタイミングでの復帰となった。

この新型フォードGTのレーシングカーが10月14~16日、「FIA WEC(世界耐久選手権)第7戦 富士6時間耐久レース」において、日本初公開を果たす。66号車の新型フォードGTのドライバーのひとり、ステファン・ミュッケ選手は、「日本、そして富士へ行くのが待ち遠しい」とコメントしている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/11(火) 12:15

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。