ここから本文です

【秋華賞】ジュエラー完全復活へ手応え シンハライト不在なら桜女王が主役

デイリースポーツ 10/11(火) 6:04配信

 「秋華賞・G1」(16日、京都)

 大本命のオークス馬シンハライトが故障で回避。風雲急を告げる秋華賞となったが、こうなれば桜の女王ジュエラーが黙ってはいまい。骨折明けのローズSで無事に復帰(11着)。胸を張って最後の1冠に挑む。

 1週前追い切りは栗東坂路で4F54秒8-12秒9。一杯に追われて末脚を伸ばし、僚馬ワントゥワン(3歳500万下)に0秒1先着した。藤岡師は「とてもいい動きだった。変わりなく順調。カイバもしっかり食べているし、前走を1回使った上積みは大きい」と状態アップを口にする。さらに「今回は京都の内回り2000メートルに変わるが、全く心配することはない」と自信たっぷりに言い切った。

 M・デムーロも意気込み十分だ。「前走はスタートが一番大切と思っていたからね。いい位置を追走できたのは良かった。思ったように伸びなかったのは馬場が悪かったから。馬体は10キロ増えていたけど太くなかった」と、本番に向けて手応えをつかんだ様子。

 関東馬や夏の上がり馬の存在も気になるが、もはや譲れぬ戦いだ。完全復活をアピールするとともに、牝馬三冠最終章をきっちりと締めくくる。

最終更新:10/11(火) 8:31

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ