ここから本文です

【新日本・両国】内藤がエルガンに屈辱のフォール負け

東スポWeb 10/11(火) 16:32配信

 新日本プロレス10日の東京・両国国技館大会で、IWGPインターコンチネンタル王者の内藤哲也(34)は、8人タッグ戦で前王者マイケル・エルガン(29)に屈辱のフォール負けを喫した。

 LIJ軍を率いて本隊との8人タッグ戦に臨んだ内藤だったが、ジェイ・リーサルのリーサルインジェクションを浴びて失速すると、エルガンボムで3カウントを奪われた。試合後はエルガンから「お前のベルトを奪ってやる」と王座挑戦を再度アピールされ、11月5日大阪大会での初防衛戦は避けられなくなってきた。またIWGPジュニア王者・BUSHIも前王者・KUSHIDAとのV1戦を決意。だがこの試合でKUSHIDAが首を負傷。担架で運ばれて退場したため、流動的な状況となっている。

最終更新:10/11(火) 18:35

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。