ここから本文です

メラニー・ロランが監督した記録映画予告、農業や教育の新たな取り組みを追う

映画ナタリー 10/11(火) 13:25配信

第41回セザール賞ベストドキュメンタリー賞に輝いた「TOMORROW パーマネントライフを探して」の予告編がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、「イングロリアス・バスターズ」などで知られる女優で映画監督のメラニー・ロランが手がけた記録映画。2012年、21人の科学者が英国の学術雑誌ネイチャーで発表した“今のライフスタイルを続ければ人類は滅亡する”との主旨の論文。その内容に衝撃を受けたロランが、共同監督を務める友人でジャーナリストのシリル・ディオンとともに、新しいライフスタイルを追い求める様子を映し出す。

予告編は、妊娠中のロランが自身の、そして未来の子供たちが直面する事実に危機感を抱き、「なんとかしなきゃ」と決意するセリフから始まる。その後、解決策を探し求めるロランたちは、街中に野菜を次々と植える活動や、グリーンエネルギーを活用するケース、テストがないというフィンランドの教育改革など、農業、エネルギー、経済、民主主義、教育の5分野で行われている新しい取り組みを目の当たりにしていく。

「TOMORROW パーマネントライフを探して」は、12月より東京のシアター・イメージフォーラムほか全国にて順次公開。

最終更新:10/11(火) 13:25

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]