ここから本文です

新じゃんけん女王・AKB田名部「家の周り歩いてVパレードしようかな」

東スポWeb 10/11(火) 17:21配信

 10日に行われた「第7回AKB48グループじゃんけん大会」で優勝したAKB48の田名部生来(23)が11日、自身のブログで一夜明けの心境をつづった。

 田名部は同日、「携帯のバイブレーション壊れる。」と題してブログを更新。まず「各メディアさまのただのおっさん姿。ここ何年ぶりの鳴り止まない電話。ありがとうございます」と感謝の言葉を記すと「携帯のバイブレーションがなんか壊れたのかもう振動してくれません。w」と周囲からたくさんの祝福をもらったことを明かした。

 そして「何時も囲み取材を妄想して生きてきたので。フラッシュライトが、気持ちよすぎました。笑 昨夜から涙放出、目がぼんっぼんです。むくみんです」と愛称の“たなみん”にかけて一夜明けの“表情”を報告した。

 さらに「今日なんかとくに忙しいでしょ? 頑張って!みたいなお言葉をいただきます」とつづると「あの。。。今、東京戻ってきてふっつうに直帰なんですけどwww!!!ま、これからですよね、ね、ね!!!笑」と一人ツッコミすると「家の周り歩いて優勝パレードしようかな 爆笑」と自虐ギャグも披露。自分を鼓舞するように「めざせ。ひっぱりだこじゃ~!!!」と宣言し、ブログを締めくくった。

「第7回AKB48グループじゃんけん大会」には98人のメンバーが出場。今回の特典はA~Gの7ブロックの勝者による新ユニットのCDデビューで、優勝者がセンターを務める。Aは田名部、Bは野澤玲奈(18=AKB48)、Cは渋谷凪咲(20=NMB48・AKB48)、Dは込山榛香(18=AKB48)、Eは湯本亜美(19=AKB48)、Fは福岡聖菜(16=AKB48)、Gは竹内彩姫(16=SKE48)がそれぞれ勝ち抜き、この7人でユニットを結成。優勝した田名部がセンターを務める。

最終更新:10/11(火) 18:30

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]