ここから本文です

警備艇沈没で中国大使を呼び40分間に渡って抗議=韓国外交部

WoW!Korea 10/11(火) 14:37配信

中国漁船の違法操業を取り締まる中で沈没した韓国の海洋警備当局高速艇事件に関連し、韓国外交部がチュ・グォホン駐韓中国大使を呼び強力な抗議の意と共に真相究明と再発防止対策を要求した。

 事件が発生して5日経っても、中国側が該当漁船に対していかなる措置もせず、中国政府次元の遺憾表明をせずにいることに対して、韓国政府が“大使招致”という追加処方を下したのだ。

 キム・ヒョンジン(金炯辰)次官補は11日午前10時53分頃、ソウル・世宗路(セジョンノ)外交部庁舎にチュ・グォホン大使を呼び、約40分間に渡って中国漁船に当たって沈没した韓国の海洋警備当局高速艇事件に関連し、外交的抗議とともに真相究明、強力な再発防止対策を促した。

 その後、チュ・グォンホン大使は午前11時38分頃、外交部庁舎を後にした。待っていた記者たちが「何の話をしたのか」と質問をぶつけたが、回答はなかった。

最終更新:10/11(火) 14:37

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。