ここから本文です

「君の名は。」週末動員V7、「ジェイソン・ボーン」「HiGH&LOW」がTOP3入り

映画ナタリー 10/11(火) 15:26配信

10月8日から9日の全国映画動員ランキングトップ10が興行通信社より発表され、新海誠の「君の名は。」が7週連続となる第1位に輝いた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

8月26日に封切られた「君の名は。」は、東京に住む男子高校生・立花瀧と山深い田舎町に暮らす女子高校生・宮水三葉の恋と奇跡を描いた劇場アニメーション。10月8日時点で観客動員1061万人、興行収入138億円を超えるヒットを記録している。10月9日には韓国で開催中の第21回釜山国際映画祭ガラプレゼンテーション部門にて上映された。

また2位にはマット・デイモン主演作「ジェイソン・ボーン」、3位にはメディアミックスプロジェクト「HiGH&LOW」の劇場版第2弾「HiGH&LOW THE RED RAIN」が初登場。京都アニメーションが手がけた「映画『聲の形』」は4位に順位を落とし、中井貴一、長澤まさみ、志田未来らが出演する「グッドモーニングショー」は5位にランクインした。公開11週目に突入した「シン・ゴジラ」は、平成ゴジラシリーズにおいて最高動員数をマークし、いまだトップ10内にランクインし続けている。

2016年10月8日~9日の全国映画動員ランキングトップ10
(1→ / 7週目)「君の名は。」
(NEW)「ジェイソン・ボーン」
(NEW)「HiGH&LOW THE RED RAIN」
(3↓ / 4週目)「映画『聲の形』」
(NEW)「グッドモーニングショー」
(2↓ / 3週目)「ハドソン川の奇跡」
(4↓ / 2週目)「SCOOP!」
(5↓ / 4週目)「怒り」
(6↓ / 3週目)「闇金ウシジマくん Part3」
(7↓ / 11週目)「シン・ゴジラ」
※()内は先週の順位と公開週数
※興行通信社調べ

最終更新:10/11(火) 15:26

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]