ここから本文です

緒方監督「我々は挑戦者」 DeNAとは13勝12敗

デイリースポーツ 10/11(火) 13:41配信

 広島が11日、12日からマツダスタジアムで行われるCSファイナルSに備え、同球場で全体練習を行った。練習開始前には、緒方孝市監督(47)が前日会見を開き、32年ぶりの日本一に向けた決意を「我々は挑戦者」という言葉で語った。

 10日のCSファーストSで、対戦相手がDeNAに決まった。今季の対戦成績は13勝12敗。勝ち越しを決めたとは言え、ほぼ五分の成績。1日でシーズンを終了した広島は10日間の調整期間があくが、相手は直前まで試合を戦っている。実戦離れを不安視する声もあるが、指揮官は泰然自若の心で決戦を迎える。

 「接戦をものにして勝ち上がってきたチーム。勢いそのままにくる。迎え撃つ気持ちじゃなく、我々は挑戦者という気持ちで戦いたい。シーズンを戦ってきたカープの野球で、自分たちの力をいかに発揮できるかが大事」。

 接戦が予想されるが、1勝のアドバンテージに加え、マツダスタジアム開催が“援軍”になる。「マツダスタジアムで試合ができることは、それ(1勝)以上のアドバンテージがある。シーズン同様、それ以上の声援を送ってくれる。力に変えて戦っていきたい」と指揮官。初戦は今季、エースを務めたジョンソンが先発する予定。緒方監督は「もうスイッチは入っている。思い切って攻めたミスはOK。ミスを恐れず、攻める気持ちで戦いたい」と、気を引き締めた。

最終更新:10/11(火) 15:53

デイリースポーツ