ここから本文です

京急電鉄、800形の旧塗装を復刻 11月12日から

レスポンス 10/11(火) 17:21配信

京浜急行電鉄(京急)は10月11日、京急線の普通列車で運用している800形電車の6両編成1本をデビュー当時の塗装に戻し、「800形リバイバル塗装車両」として運行すると発表した。11月12日に貸切イベント列車として運行し、翌13日から通常運行を始める。

[関連写真]

800形は、1978年から1986年にかけ132両が導入された京急の電車。側面の窓回りを幅の広い白で塗り、それ以外の部分は赤で塗装していたが、1982年から1984年にかけて現在の塗装に変更された。

京急の車両としては、初めてワンハンドルの主幹制御器(マスコン)や回生ブレーキを採用。その一方、京急車両の半ば「伝統」と化していた片開きドアと1灯ヘッドライトは、従来車と同様に採用した。「片開き」「1灯」は、この800形が最後の採用となっている。

発表によると、貸切イベント列車は11月12日、久里浜工場12時11分発~品川13時34分着のダイヤで運行。京急久里浜駅から久里浜工場までは、参加者向けの送迎列車を運行する。久里浜工場では撮影会など、イベント列車の車内では800形の部品展示や中づりによる写真展などが行われる予定だ。参加に際しては事前の申込みが必要で、10月17日10時から京急のウェブサイトで受け付ける。参加費は4000円。

このほか、800形の旧塗装の復刻を記念した「800形リバイバル塗装記念乗車券」が、11月13日の7時から金沢文庫駅で発売される予定だ。発売額は1500円で、2500セット限定。京急百貨店も、旧塗装の800形の写真を使ったギフトカードを開店20周年記念として発売する。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:10/12(水) 23:43

レスポンス