ここから本文です

ゴリが実在の高校野球監督演じる「沖縄を変えた男」京都で上映、舞台挨拶も

お笑いナタリー 10/11(火) 15:45配信

ガレッジセール・ゴリの主演映画「沖縄を変えた男」が今週10月14日(金)17時より、「京都国際映画祭2016」の一環として京都・TOHOシネマズ 二条にて上映される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この「沖縄を変えた男」でゴリが演じるのは、かつて沖縄水産高校の野球部で長年にわたり監督を務めた栽弘義氏。廃部寸前の野球部を率い、さまざまな困難を乗り越えて甲子園優勝を目指した道のりが実話を元に描かれる。

沖縄以外の劇場で「沖縄を変えた男」が上映されるのは、これが初めて。ゴリとこの作品の岸本司監督による舞台挨拶も当日実施される予定だ。高校野球ファンのみならず劇場に足を運んでみては。

ガレッジセール・ゴリ コメント
沖縄の高校野球を変えた、栽監督を演じます。いいところだけでなく人間味のある善と悪の部分も出しています。沖縄の野球の歴史を感じてもらえればと思います。劇場でお会いしましょう。

最終更新:10/11(火) 15:45

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]