ここから本文です

ニュアンス・コミュニケーションズ、BMWのサプライヤー・イノベーション・アワードを受賞

レスポンス 10/11(火) 18:19配信

ニュアンス・コミュニケーションズは、BMWグループから「サプライヤー・イノベーション・アワード」を受賞したと発表した。

[写真:トロフィー]

受賞は、BMW『7シリーズ』を始め、各BMWモデルに展開が予定されているBMWグループの車載システムに、ニュアンスが提供した音声技術が評価されたもの。

2007年に発表されたBMW iDriveに採用された音声での電話発信機能を皮切りに、ニュアンスは10年以上にわたってBMWグループの車載システムビジョンの実現に協力してきた。BMWグループとニュアンスは共同で音楽再生、ナビゲーション、自動車の様々な設定操作といった機能に音声インターフェースを追加することで、革新的なドライビング・エクスペリエンスをBMWグループの顧客に提供してきた。

ニュアンスのコネクテッドカー向けプラットフォーム「Dragon Drive」は、独自のハイブリッド型音声機能により、安全でスマートな方法でアプリやサービスにアクセスする方法を提供している。組込み型とクラウド型の音声認識、ディープラーニングを活用した自然言語理解(NLU)、画期的なバージンイン(割り込み発話)といった「Dragon Drive」が持つ機能を活用することで、運転中の利用に適した、自然な対話型の車載システムを実現することができるとしている。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:10/11(火) 18:19

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。