ここから本文です

ファナック、ロボット生産能力を強化 需要急増に対応

ITmedia ビジネスオンライン 10/11(火) 17:39配信

 ファナックは10月11日、製造現場などで使われる産業用ロボットの生産能力を来年4月から引き上げ、現状の月産5000台を同6000台に増強すると発表した。急増する需要に対応する。

【ファナックロボットの累計生産台数】

 筑波工場の「ロボドリル」(小型切削加工機)製造エリアを集約し、一部を転用してロボット製造エリアを確保する。設備投資は約8億円を見込む。今期の業績への影響は軽微だとしている。

 同社は72年に設立。これまでに数多くの産業用ロボットの開発を手掛け、昨年11月時点で累計40万台を生産している。

最終更新:10/11(火) 17:39

ITmedia ビジネスオンライン