ここから本文です

「悔しくて悔しくてとても悲しいです」「やめろよ、もう。バカ」 田中一成さんの早すぎる死、声優仲間ら悲痛な叫び

ねとらぼ 10/11(火) 17:56配信

 10月10日に脳幹出血で亡くなった声優・田中一成さんをしのぶ声が、声優を初めとする多くの関係者から寄せられています。

【画像】名塚佳織さんとの2ショット(最後のメディア出演となったラジオ番組で)

 田中さんは1991年に声優デビュー。「封神演義」の黄飛虎役や「プラネテス」の星野八郎太役などで知られ、現在放送中の「ハイキュー!!」でも烏養繋心役を務めていました。

 Twitterでは、「封神演義」で共演した緒方恵美さん、事務所の後輩である白石涼子さんや佐藤聡美さん、「プラネテス」の原作者・幸村誠さんなど多くの人から悲しみの声があがっており、「明るくて、アホで(笑)、真面目で、優しい…本当に心優しきナイスガイ」(緒方恵美さん)、「もうあの声が…あの笑顔が見れないなんて寂し過ぎます」(名塚佳織さん)など、その言葉の端々から田中さんの人柄の良さが伝わってくるようです。

 また、田中さん最後のメディア出演となったラジオで共演した声優・名塚佳織さんも、「まさか私のラジオにご出演下さったのが最後になるなんて…」と現実を受け入れられない心境を吐露しています。

 過去に共演経験のある声優・ラジオパーソナリティーの折笠愛さんは、田中さんの訃報を受けてブログを更新。「信じられない思いです」「何をどう受け止めたらいいかわからないです」と突然の事態に困惑している様子でした。

 田中さんは1967年生まれの49歳。直前まで元気な姿を見せていたこともあり、突然の訃報は多数の関係者に大きな動揺を与えたようでした。

最終更新:10/11(火) 19:02

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]