ここから本文です

ここ5年の鉄道10大ニュース、元祖鉄ドルと呑み鉄編集長が明かす

レスポンス 10/11(火) 20:45配信

東京・秋葉原「書泉ブックタワー」で10月9日、雑誌『旅と鉄道』復刊5周年イベントが行われ、同誌・芦原伸編集長と“元祖鉄道アイドル”の木村裕子氏が登壇。ここ5年間の鉄道関連ニュースを振り返り、「鉄道10大ニュース」を語り合った。

[関連写真]

雑誌『旅と鉄道』は、鉄道ジャーナル社が1971年に創刊。2009年に休刊し、のちの2011年に朝日新聞出版から復刊(編集・制作:天夢人)。復刊後は、東北の鉄道、夜行列車、北海道新幹線、ローカル線といった鉄道が直面する“いま”を特集したものや、青春18きっぷや列島縦断、東京探検などのノウハウ系、トライアルな企画も登場。こうした記事の思い出を振り返りながら、5年間で起きた「鉄道10大ニュース」について2人はこうランク付けした。

1位 北陸新幹線金沢開業
2位 寝台特急廃止 ブルートレイン消滅
3位 東京駅リニューアル完成
4位 「ななつ星in九州」デビュー クルーズトレイン時代
5位 北海道新幹線開業
6位 続々と復活するSL
7位 東急地下渋谷駅開業 私鉄5社相互直通運転開始
8位 上野東京ライン開通
9位 路線廃止相次ぐ
10位 震災復旧 山田線再開決定

満員の会場からは、「北海道赤字ローカル線や、三江線の廃止など、暗い話ばかり目立つ鉄道ニュースのなかで、金沢延伸や上野東京ライン、豪華観光列車といった明るい話題も入り込んでてほっとした」「鉄道で旅するという、タビテツらしい楽しさを、もっとつくりだして誌面から発信してほしい」といった声があがった。

また、芦原編集長の連載ページが書籍化(『呑み鉄、ひとり旅 乗り鉄の王様がゆく』東京新聞刊)され、列車ひとり旅の“相棒”についても語られた。この日、JR東日本の普通列車グリーン車のアテンダントは、「家飲み派が増えているのに似て、仕事帰りや休日の外出などで、グリーン車でお酒を嗜む人が増えている。いつもの通勤路線でちょっと“旅気分”で、という乗客も増えている感じ」と教えてくれた。『旅と鉄道』最新号の11月号は、蒸気機関車を特集し、芦原編集長と作家・椎名誠氏による対談「俺たちの鉄道旅」などが誌面を飾る。


《レスポンス 大野雅人》

最終更新:10/11(火) 20:45

レスポンス