ここから本文です

車上ねらい被害防止にモンハンのアイルーとメラルーが協力

レスポンス 10/11(火) 21:45配信

大阪府警察が車上ねらい被害防犯啓発キャンペーンで配布する「車載用滑り止め防止マット」に、モンスターハンターシリーズに登場する「アイルー」と「メラルー」が初めて登場する。

[関連写真]

モンスターハンターシリーズは、大阪に本社を置くカプコンが販売するハンティングアクションゲーム。2004年に家庭用ゲームでの第1作を発売して以降、12年を経た今なおファンを増やし、シリーズ累計販売本数3800万本を誇るヒットシリーズに成長している。

同社では2013年から毎年、大阪府警をはじめとする近隣府県警察との車上ねらい等被害防止啓発に協力。部品ねらいや自動車盗といった被害件数の減少には貢献したものの、依然として大阪府の車関連の犯罪が多発しており、特に車上ねらいの発生件数は、2015年は全国ワースト1となった。

今年は、キャンペーンの啓発物として配布する、車載用滑り止め防止マットに「アイルー」と「メラルー」のデザインが初めて採用された。啓発物は10月15日に実施予定の「府下一斉ナンバープレート盗難防止ネジ無料取付キャンペーン」をはじめ、府下の警察署などで合計2000枚の配布が予定されており、大阪府の犯罪抑止活動を支援していく。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:10/11(火) 21:45

レスポンス

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。