ここから本文です

【秋華賞馬体診断】ヴィブロス

デイリースポーツ 10/11(火) 18:08配信

 「秋華賞・G1」(16日、京都)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、秋華賞に出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】秋華賞馬体診断…週末予想の参考に

 【ヴィブロス=評価B】

 小柄なディープインパクト産駒だが、立ち爪で蹄底が深く、つなぎも立ち気味。グリップ力はあるがそれなりに切れる脚も使えるタイプだ。ひと夏を越しての秋初戦は、中山まで輸送して増減なしで可もなく不可もなくといったところ。紫苑Sでの大きな不利とそれを跳ね返して2着した激走の疲れが心配の種だが、1週前の追い切りが併せ馬でハードな内容。その後の撮影を踏まえれば合格点を与えられるつくりだろう。重心のバランスでトモが流れたため腹回りはより寂しく映るが、小ぶりでもトモの丸みは十分。キリッとした目つきは好印象で、前走の反動はあまり残っていないようだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F53秒6-38秒9-13秒2(強め)。ジュンヴァルカン(3歳1600万下)に1馬身遅れたが、最後までしっかり集中していた。気配は上々。

最終更新:10/11(火) 18:19

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]