ここから本文です

【Good-bye キャセイB747】窓2個分のトイレ…高度3万3000フィートの爽快感?

レスポンス 10/11(火) 22:15配信

キャセイパシフィック航空は1日、同社が保有するボーイング「747」型旅客機による最後の商用飛行を、東京羽田発香港行きの「747-400」型で運航した。離陸前に、キャセイスタッフの案内による機体内外見学ツアーが実施された。

[関連写真]

747には大型機ならではの特徴的な設備・装備がいくつかあり、キャセイ747-400では、そのひとつがトイレ。メインデッキ前方にあるトイレ・洗面所はファーストクラス、ビジネスクラス向けということで設備が充実しており、スペースも窓2つ分以上を占める。

説明スタッフは、航空機で窓があるトイレは珍しいという。「もちろんプライバシーは守られます」とスタッフはいうが、地上で駐機中ならともかく、上空で外から覗かれることはないだろう。

なお窓のあるトイレはながらく747だけの設備だったようだが、新型の「787」にも窓付きのトイレが設置されている(窓は1個)。ちなみに、キャセイ747-400では、洗面・手洗い後の水は飛行中に機外に排出されるが、トイレの汚水は地上で抜き取ることになっている。

《レスポンス 高木啓》

最終更新:10/11(火) 22:15

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。