ここから本文です

実話をもとに元フェンシング選手と子供たちの交流描く「こころに剣士を」予告編

映画ナタリー 10/11(火) 19:00配信

第73回ゴールデングローブ賞外国語映画賞にノミネートされた「こころに剣士を」の予告編がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作の舞台は、1950年代のエストニア。実話をもとに、どんな逆境にも勇気を持って立ち向かい人生を切り開こうとした元フェンシング選手と子供たちの絆を描く。監督を務めたのは「ヤコブへの手紙」で知られるクラウス・ハロ。

予告編は、ソ連の秘密警察に追われる元フェンシング選手エンデルがエストニアにやってくる場面からスタート。小学校教師として働き始めたエンデルは、子供たちにフェンシングを教え始めたことをきっかけに少しずつ希望を取り戻していく。

「こころに剣士を」は、12月24日より東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国順次ロードショー。



(c)2015 MAKING MOVIES/KICK FILM GmbH/ALLFILM

最終更新:10/11(火) 19:00

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]