ここから本文です

京急電鉄、ボックス席にコンセント導入「新1000形」 11月から運行

ITmedia ニュース 10/11(火) 19:40配信

 京浜急行電鉄は10月11日、今年導入した「新1000形ステンレス車」をマイナーチェンジし、コンセントが付いたボックスシートを設置すると発表した。6両編成と8両編成の車両を改装し、それぞれ11月、来年2月から運行する予定。

【画像:車内をリニューアル】

 ドアの数やバリアフリー設備などは、2015年度から運行している車両と同じだが、車端部の片側をロングシートからボックスシートに変更し、コンセントを2台設置する。もう片側のロングシートとドアの間には大型の仕切りを設置。シートに座る乗客とドア前に立つ乗客の干渉を抑え、風の吹き込みも和らげるという。

 ドア上部には液晶ディスプレイを備え、日・英・韓・中の4カ国語で運行情報などを映す。車体側面は京急の「赤い電車」のイメージを踏襲し、全体は幅広の赤、窓まわりは白色のデザインを採用している。

最終更新:10/11(火) 19:40

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]