ここから本文です

【秋華賞馬体診断】ジュエラー

デイリースポーツ 10/11(火) 18:08配信

 「秋華賞・G1」(16日、京都)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、秋華賞に出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】秋華賞馬体診断…週末予想の参考に

 【ジュエラー=評価B】

 負けても首、鼻差の馬が、秋初戦のローズSではまさかの大敗。骨折明けだからなのか、今までにない馬込みで競馬をしたからなのかは定かではないが、案外な結果に終わってしまった。秋初戦はシンザン記念と同じ馬体重。多少、皮膚が厚ぼったい程度で、力は出せそうな仕上がりに思えたが…。叩いたことで目つきがきつくなり、馬体の締まりはアップ。臀部(でんぶ)の丸みも前走以上で前進はありそうだ。ただ、結果を残した桜花賞は、体脂肪が少なくスカッとしたシルエット。京都の二千ということを踏まえれば、春当時の無駄肉のないシャープさが欲しいところだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F54秒8-40秒1-12秒9(一杯)。ワントゥワン(3歳500万下)に半馬身先着。ひと叩きされて、いい頃の活気ある動きに近づいてきた。

最終更新:10/11(火) 18:20

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ