ここから本文です

減少を続けるCDレンタル店――1店あたりの面積は増加傾向

ITmedia LifeStyle 10/11(火) 21:27配信

 一般社団法人日本レコード協会は10月11日、全国のCDレンタル店の実態調査結果を発表した。CDレンタル店の店舗数は1989年末の6213店をピークに減少を続け、今年は前年比5.4%減の2243店となった。

店舗面積の推移

 一方、店舗面積は前年比1.7%増の871m2と増加傾向。CDやDVDレンタルのスペースはほぼ前年並みながら、「その他」の部分が拡大しているという。レコード協会では、「書籍、コミックのレンタルや販売といったCD/DVDレンタル以外のサービス拡大によるものと考えられる」と分析している。

最終更新:10/11(火) 21:27

ITmedia LifeStyle