ここから本文です

アメリカンな軍人が魔法少女に変身!? 「League of Legends」が日本市場を理解しすぎたスキンとムービーを公開

ねとらぼ 10/11(火) 23:11配信

 世界的な人気を誇るオンラインゲーム「League of Legends(LoL)」が日本市場に向けて、一部のキャラクターの外見を魔法少女風にできるスキンを販売。これに伴い、テレビアニメのオープニング風ムービーも公開しました。あれ、LoLって、もっとストイックなゲームじゃなかったっけ?

【画像】スキン一覧

 同作は「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターを操作し、5対5で戦うリアルタイムストラテジー系ゲーム。基本無料で遊べますが、スキンを購入することでチャンピオンの外見を変更できます。今回の新スキンに対応したのは、ジンクス、ジャンナ、ポッピー、ラックス、ルルの5人。高貴な軍人は主人公風、パンクガールはヒール風にと、チャンピオンが見事に魔法少女へとアレンジされています。彼女たちは「スターガーディアン」として、星の秩序を守るため戦うのだ! ……だから、そういうゲームじゃなかったよね?

 スターガーディアンの世界観をもとに、シンガー・ソングライターの浅場佳苗さんが日本オリジナル楽曲「Endless Starlight ~命のキラメキ~」を制作。フルバージョンも公開されています。

 スキンは10月14日までの期間限定販売。価格はジンクス用のみ約1850円、それ以外は約1350円となっています。スキンの絵柄だけ見てLoLを始めると、場違い感に困惑すること必至。しかし、魔法少女で筋骨隆々としたチャンピオンに打ち勝てれば、それはそれで楽しそうです。

(沓澤真二)

最終更新:10/11(火) 23:11

ねとらぼ

なぜ今? 首相主導の働き方改革