ここから本文です

原口、ドローに「本当に申し訳ない」3戦連続弾もPK献上

デイリースポーツ 10/11(火) 20:27配信

 「W杯アジア最終予選、オーストラリア1-1日本」(11日、メルボルン)

 日本は1-1で引き分けで勝ち点1を獲得し、通算2勝1分け1敗で勝ち点7とした。首位のオーストラリアは勝ち点8とした。FW原口は前半5分、3試合連続となる先制ゴールを決めたが、後半6分に相手選手を倒してPKを献上。これを決められて追いつかれた。試合後は「全員がハードワークしていましたし、勝利のためにみんなが頑張っていたので本当に申し訳ないなと思います」と、目に涙をためて語った。

 インタビューに応じた原口は、しばらく言葉を発することができなかった。「チームとして非常にいい試合をしていたので責任感じますし…。まあ、悔やんでも仕方ないので、次挽回できるように頑張ります」と必死に気持ちを立て直そうとしていた。

 先制ゴールについては「狙っていた形というか、何度も何度も監督から言われていた形がきれいに出て、得点に関しては自分たちの形が出た」。次は11月15日のサウジアラビア戦。「こういう試合をできて、なおかつああいうミスがなければ勝ち点3を取り続けられると思うので、1カ月後ですけど、それぞれがいいコンディションを保って、もう一度勝ち点3を取りにいけるように準備したい」と話した。

最終更新:10/11(火) 20:48

デイリースポーツ

なぜ今? 首相主導の働き方改革