ここから本文です

1.4東京ドームでオカダvs.オメガのIWGP王座戦が正式決定=新日本

スポーツナビ 10/11(火) 0:01配信

 10日の新日本プロレス「KING OF PRO-WRESTLING」東京・両国国技館大会では、4大タイトルマッチなどが開催され、超満員となる9671人を動員した。
 メインイベントのIWGPヘビー級選手権試合では、王者の“レインメーカー”オカダ・カズチカが、プロレスリング・ノアの“方舟の天才”丸藤正道を退け初防衛に成功。セミファイナルで東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証を死守したケニー・オメガと、来年1.4東京ドーム大会のメインイベントで、至宝をかけた一騎打ちが決定した。

 オカダは今年の「G1クライマックス」開幕戦となる7.18札幌で丸藤に完敗。2日前のノア後楽園ホール大会でも、GHCタッグ王座をかけて戦い、YOSHI-HASHIがポールシフト式エメラルドフロウジョンで撃沈していた。
 丸藤は肌を切り裂くような強烈な逆水平チョップを連続で打ち込むと、15分には、エプロンでのツームストンパイルドライバーを炸裂。フラつきながらリングへ戻ったところへ、なおもフロムコーナートゥコーナーで襲いかかる。
 オカダは20分過ぎ、ジャーマンスープレックスからそのまま腕をクラッチしてのレインメーカーを狙うが、丸藤が虎王で阻止し、不知火を決める。しかし、2発目の不知火はオカダが腕をつかんで切り返し、そのままレインメーカーをヒット。
 なおも虎王で迫る丸藤に対し、「たまたまそういう体勢になったので、ひらめいた」という、掟破りのエメラルドフロウジョンを敢行。丸藤の心身に大きなダメージを刻み込むと、レインメーカーで勝負を決めた。

 試合後、オメガとリング上で向かい合ったオカダは、「2017年1月4日、東京ドームでレベルの違いを見せ付けてやるからな」と、2年連続のドームのメインでの勝利に自信。オメガに対しては、「G1覇者として実力はある。素晴らしい相手」と認めつつも、「棚橋、内藤、その2人に勝ったから勝てるという甘い考えはやめてもらいたい」と、あくまでも自分はレベルが違うことを主張。「オレ1人でしっかり素晴らしい戦いを見せてやる。東京ドームに金の雨が降るぞ」と、2017年もレインメーカーがマット界の中心に立つと訴えた。

最終更新:10/11(火) 0:01

スポーツナビ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]