ここから本文です

柴田、NEVER王座V3も潮崎、EVILが次々と挑戦表明=新日本

スポーツナビ 10/11(火) 0:05配信

 10日の新日本プロレス「KING OF PRO-WRESTLING」東京・両国国技館大会では、4大タイトルマッチなどが開催され、超満員となる9671人を動員した。
 NEVER無差別級王者・柴田勝頼は、難敵カイル・オライリーを倒し3度目の防衛に成功。試合後、プロレスリング・ノアの潮崎豪とリング上でにらみ合い、両者のタイトルマッチ実現の機運が高まるも、直後にEVILに襲撃され、屈辱の失神KOを味わわされた。
 柴田は胸椎負傷で今シリーズを途中欠場し、これが復帰戦。オライリーは前挑戦者であるパートナー、ボビー・フィッシュをセコンドにつけ、グラウンドでもテーピングを施した柴田の右肩を集中攻撃。しかし、柴田もコブラツイスト、卍固めなどを繰り出すと、スリーパーで意識朦朧としたところへPKを叩き込み、再度スリーパーで捕獲。意識を失ったオライリーの口からマウスピースが転げ落ちたため、レフェリーが試合をストップした。

 試合後、ノアの潮崎がリングに上がり、王座挑戦をアピールするが、柴田は明確なリアクションを取らず、潮崎はしぶしぶ退場。その直後、今度はEVILが背後から柴田に襲いかかり、必殺技のEVILで失神KO。ケガをおして華々しくV3を飾ったはずが、敗者同然の無残な姿をさらすハメとなってしまった。

 IWGPタッグ選手権試合では、タマ・トンガ&タンガ・ロア組が、ジェイ・ブリスコ&マーク・ブリスコ組を破り王座返り咲き。兄弟タッグ対決を制し、6.19大阪城ホール大会の借りを返した。
 王者組はトンガに対し、2度に渡って必殺技のドゥームズデイデバイスを狙うも、1回目はロアがスピアーで阻止し、2回目は技を食らって宙を舞う兄をロアがキャッチするひらめきで救出。マークをつかまえ、ロアのパワーボム、トンガのガンスタンから、合体技のゲリラ・ウォーフェアでフィニッシュを決めた。
 試合後、ヤングバックスが乱入し、ブリスコ兄弟を襲撃。たまらず石井が1人で救出に入るが、トンガのガンスタン、合体のゲリラ・ウォーフェアを立て続けに食らわされ、大の字でダウンした。

 IWGPジュニアタッグ選手権試合では、ザ・ヤングバックスことマット・ジャクソン&ニック・ジャクソン組が、リコシェ&デビッド・フィンレー組を退けV2に成功。マット・サイダルの来日不能により、ビッグチャンスを手に入れたフィンレーが大舞台に臆することなく奮闘するも、ヤングバックスが息の合った連係で圧倒し、モア・バング・フォー・ユア・バックで完勝した。

最終更新:10/11(火) 0:05

スポーツナビ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]