ここから本文です

高野文子が企画・監修を務めた千明初美の作品集が発売、解説やメッセージも

コミックナタリー 10/11(火) 22:48配信

高野文子が企画・監修を行った、千明初美の作品集「ちひろのお城」が、12月に復刊ドットコムより刊行される。

同書は高野が愛してやまないという千明作品を、「現在のマンガ読者に読んでもらいたい」と考え、企画・監修した作品集。収録作の選出からカバーデザイン、帯の文面に至るまで監修を行い、作品解説も高野が執筆した。また22ページに及ぶ「ライブラリー」では、単行本に収録されない作品1つひとつを吟味したうえでコマをレイアウトし、千明の作品世界を紹介している。

収録作品は「ちひろのお城」「いちじくの恋」「バイエルの調べ」「お二階は診察室」に、単行本初収録となる「涙がでちゃう」を加えた5作品。昭和40年代から50年代にかけての少年少女の日常を、叙情豊かに描いている。なお復刊ドットコムにて同書を購入した人には、千明のポストカードと、高野によるメッセージペーパーを進呈する。

(c)千明初美

最終更新:10/11(火) 22:48

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]