ここから本文です

【MLB】インディアンスが地区S突破、D.オルティスは現役最後の試合を終える

ISM 10/11(火) 16:29配信

 クリーブランド・インディアンスは現地10日、敵地で行われたボストン・レッドソックスとの地区シリーズ(5回戦制)第3戦に4対3で競り勝ち、リーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。

 インディアンスは4回、新人タイラー・ネークイン外野手の2点タイムリーで先制すると、1点を返された直後の6回には、ベテランのココ・クリスプ外野手が2ランを放って4対1と再びレッドソックスを突き放す。その後は投手陣がじりじりと追い上げられつつも、最後までリードを守り抜いた。

 レッドソックスは、2点を追う8回にハンリー・ラミレス一塁手の適時打で1点差に迫り、なおも2死一、二塁のチャンスで二塁走者の指名打者デービッド・オルティスに代走を送って勝負に出たが、後続が凡退。9回にも2死から一、二塁のチャンスを作るも得点には結びつかなった。

 上原浩治投手は、2点ビハインドの8回から4番手として登板し、1イニングを1奪三振、3者凡退に抑えている。

 これが現役最後のゲームとなり、試合後に涙を流してファンからの声援に応えたオルティスは、「(挨拶のために)マウンドへ歩き出したとき、ついに終わったのだと感じた。選手としての最後の瞬間にみんなの前を歩けたことはとても幸せなことなんだと思う。また感極まってしまったよ」と語っていた。(STATS-AP)

最終更新:10/11(火) 16:29

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]