ここから本文です

相葉雅紀、戻りカツオ相手に格闘 シン・ショウガに悶絶

オリコン 10/11(火) 12:16配信

 人気アイドルグループ・嵐の相葉雅紀が日本各地に出向き、日本についてのさまざまなことを学んでいくテレビ朝日系バラエティー『相葉マナブ』(毎週日曜 後6:00)。16日・30日の放送では、番組史上初となる四国に上陸。高知県で戻りカツオのさばき、そして四万十川のブランド食材・四万十ショウガについて学ぶ。

【写真】以前さばいたことがあるマグロ

 番組開始以来、初めて本州を出て四国にやってきた相葉、渡部建、澤部佑の3人。16 日の放送では、いまが旬の“戻りカツオ”さばきに挑戦する。“包丁王子”の異名を取る相葉は初めてカツオと対峙。そんな相葉の姿を見た澤部は「いつもより輝いて見える! 勇者が武器を持ったみたい!」と絶賛。さすがに初めてのカツオは大変だったようで相葉は「これは一種のスポーツだね! まさに格闘(笑)」と感想を漏らしていた。

 さらに、カツオを選びに訪れた久礼大正町市場では「高知でしか味わうことができない」と言われる“メジカの新子”にも遭遇。ソウダガツオの稚魚で、この時期ここでしか食べられない貴重な食材に、渡部も「一生食べられない魚だと思っていたので、『相葉マナブ』初の遠方ロケのしかも最初の市場でメジカの新子が食べられるなんて、やっぱりこの番組は持ってるね!」と大興奮だった。そして、相葉がさばいたカツオで高知の郷土料理を作り、旬の戻りカツオを味わった。

 30日放送分では、四万十川で日本のブランド食材のひとつでもある“四万十ショウガ”を紹介。高知県はショウガの収穫量日本一。ショウガ農家を訪れた一行は収穫したてのショウガをさっそく味見する。「新ショウガというくらいだからからくないと思って…」と勢いよくひと口で食べた相葉は、その思いがけぬからさに悶絶。「新玉ねぎとかと同じような感覚で食べたら超からい! 胃が熱くなって形がわかった気がするくらいだった(笑)」と、まさかの事態に衝撃を受けていた。最後には「これからも各地の名産や旬のものを紹介していくようなロケができたらいいな」と意欲を新たにしていた。

最終更新:10/11(火) 12:16

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]